わたしたちが伝えるもの


《個性運命学の起源》

 

個性運命学は、あなたのすべてを紐解きます。

あなたとは、何者であるのか。

人生の季節、行動すべきタイミング、行動してはならない時を、紐解き師が鑑定します。

 

 

個性運命学は、今から約5500年前、古代メソポタミア・シュメル人によって生み出された天文法則をルーツにしています。

時代とともに、民族が勃興し、王朝が盛衰し、国家の命運を左右した、霊的運動を司る神の法則です。やがてこの法則は、エジプト、ギリシア、インダス、中国へと伝わり、王や神官のみが知る統治原理として世界中へ広がります。

現代でも、世界中の政治家や大富豪のマネジメント帝王学として、大切に継承されています。

 

太陽や月、惑星や銀河などの天体の動きは、人間の思考や身体へ様々な影響を及ぼします。このことは米国の雇用関係研究機関の調査で、人の職業選択や行動パターンなど、はっきりとした統計が得られています。その因果関係がいまだ科学的に解明されていないことで、ふだんないがしろに扱われてしまいがちですが、天体の動きは確実にあなたの人生を左右します。

 

古代シュメルから伝わる天文学が、時の支配者たちによって数千年間を伝承され帝王学となり、現代科学で解明された最新の理論や智慧、数万人の鑑定による統計、研究による実績を加え、現代の成功法則として成させた「ABD個性運命学」。

 

いま、もっとも必要とするあなたへ

あなたのこれまでの人生、未来のこれからを紐解きます


《個性運命学の歴史》

 

自分を知る

人を知る

運命周期・バイオリズムを知る

  

 

ABD個性運命学とは、古代メソポタミアから伝わるシュメル人の天文学を元に、私が研究を重ねて創出した、人生の「運命」を司る方法です。

 

シュメル人の驚くべき高度な天文学は、宇宙と、そこで誕生した物質、銀河や星、その自然から生まれた私たち生命の「本質、変化、宿命」を知るために、紀元前3500年頃から長い時間をかけて積み上げられた「統計学」です。

 

今から約7,000年前、メソポタミアの地に忽然と現れたシュメル人は、天文法則を駆使して都市を建設し、人類初の文明社会を築き上げます。やがてその教えはエジプトやギリシアなどへ散逸し、世界の各地で「帝王学」として支配者達に独占・秘匿されていきました。

己を知り、人を知り、運命周期を事前に知っておけば、「いつ、どこで、何をすればいいのか」が前もってわかります。この秘密に精通したものだけが、ライバルや宿敵を滅ぼし、一切を手中に納め、繁栄を享受することができたのです。

この秘密の理法は、現代でも政治やビジネスなど一部のエリートの世界では当たり前に利用されています。

 

そのような帝王学を競争の道具としてだけでなく幸せの原理原則論として研究し、帝王学であるに等しく人間学として表現したのがABD個性運命学なのです。

 

自分が何者であるかを知り、勝機をはかって行動を起こす。

あなたもABD個性運命学を知って、より幸福で充実した人生を送ってください。

 

一般社団法人ABD協会 理事長

ABD個性運命学 紐解き師家元

星里奏