【なんのために学ぶのか?】

私たちは、なんのために学ぶのでしょう?

 

「夫れ学は通の為に非ざるなり。窮して困しまず、憂いて意衰えざるが為なり。禍福終始を知って惑わざるが為なり」(荀子)

 

「通」とは、現代的にいうと良い就職とか出世とか金儲けとかのことで、そうではないということ。「窮(きゅう)して困(くる)しまず」とは追い詰められても困ったりしないということ。「憂いて意衰えざる」とは、嫌なことがあっても思考や行動は衰えないということ。さらに、悪いことがどういう原因によって起こるか、どういう行動や生活をしていけば幸福になれるかなどの因果を知っていれば、いちいち思い煩うことがない、ということ。学問とはそのためにやるのです。

 

個性運命学は、功利的に役立つ知識やテストのための学習ではありません。人を強く太くするための学問です。