【負け】

さて昨日の続きですが、紐解きや個性運命学が、俗にいう「占い」と異なるのは、コイン投げの裏表を単に当てるようなこととは違うからです。

 

元々古来の易学や占星術が目的としたのは、各々リズムを設定して、その韻律にうまくあわせて生きていくことを、命を運ぶ=運命 というのです。

 

人生、うまくいくときはほっといてもうまくいきます。また悪いときはどうあがいたっていい結果にならない。逆らってみてもしかたがない。

 

相手や環境、時代というのもある。

もがき苦しむよりも、流れに合わせることが必要です。

 

皆さんもいろいろ自分のスタイルなりイデオロギーなりお持ちでしょうが、それと現実の流れは別のものです。

自分の流儀を貫徹しようと思えば、猪突猛進ではダメなのです。

 

そのあたりのテクニックを、ぜひ身に付けてくださいね。