【また、無意識】

昨夜ここで書くのにいいことを寝ながら思いついたのですが、朝になったら忘れました。

 

夢ではないのですが、眠りに入りつつあるとふだん考えてない無意識が呼び出されたのでしょうか?

 

以前も無意識のことを書きましたが、私たちは心臓を何分間に何回拍動するかとか、横隔膜を何センチ動かして何グラムの空気を肺に取り込むとか、血液が汚れてきたので腎臓でこれくらい濾して尿にするとか *、体内で病原菌が暴れているので白血球に攻撃させ発熱して脳に報告しようとか、そういうことはわざわざ意識してないけれども、体はかってに24時間やっている。

 

というわけで、生命活動のほとんどは無意識が行なっている。

 

なのに自分は意識的に生きているなんて、とんでもない思い違いです。

 

あなたはこれまで完璧な無意識に生かされてきたのですし、これからも無意識に生かされていくわけですから、無意識を大事に意識してみましょう。

 

* 腎臓は毎日のべ1700リットルもの血液をろ過していますが、1日に尿として排出するのはわずか1.5リットルほどで、残りは体内へ戻されます。これは体内の水分量とナトリウムやPh等の濃度を腎臓が調整し膀胱へ送り込む量を配分しているためです。ふつうは食べたり飲んだりした分と同量の尿を排出します。

腎臓って、なんてカンペキ。