【AI等】

「機械などのやっかいなことに人間たちが巻き込まれると、奴隷になり、自分の道徳を捨てるようになる、と祖先たちは分かっていました。

祖先たちは熟慮し、私たちは自分の手足でできることをしなければならない、といったのでした。

手足を使うことにこそ真の幸せがあり、そこにこそ健康があるのです」(ガンディー 『スワデーシー・チャルカーとカーディ』*)

 

太古のころ、高度な文明があったのでしょうか?

そして祖先は自らそれを封印したのかもしれない。

 

* スワデーシーは「国産品」、チャルカーは「手紡ぎ車・糸車」、カーディは「手織り綿布」のこと。