【人は一滴の水】

昨日ガンディーを引いたので、ついでに。

 

「各人がそれぞれ自分の光にしたがって心理を求めるのは、すこしも間違ったことではありません。事実、そうすることが各人の義務です」

 

がしかし、

 

「大海の一滴の水は、自ら意識することはありませんが、母体の広大さに参与しているのです。ところが一滴の水が、大海を離れて存在を主張しはじめると、たちまちにして蒸発してしまいます」

(共に『獄中からの手紙』より)

 

自分探しは、周りや全体を尊んでこそ、ということを言っているのだと思います。