【指数関数的】

ちかごろ「ウェルス wealth」という言葉をよく目にします。富や財産、たくさんあることなどの意です。

みなさんも聞くでしょ?

 

で、そのての本などを読むと、よく複利のパワーについて書かれている。

 

預金などの金利をそのまま元金に繰り込んでいくとよく増えるという説明ですが、もっとわかりやすい有名な例え話があります。

 

むかしむかし、藩に貢献をした知恵者の家臣に、殿様が「褒美はなにがよいか」と尋ねました。

 

家臣は「では今日はコメを1つぶください。明日は2つぶ、明後日は4つぶと、毎日倍々の数のコメを一ヶ月間ください」といいました。

 

殿様は、「なんと謙虚な」と二つ返事で許可しました。

 

しかし30日目が近づくにつれ、殿様はたいへんな約束をしてしまったことに気づきます。

 

このように毎日倍々に増やしていくと、一ヶ月後の30日目には1×2の29乗、= 5億3687万912粒のコメをあげなければならないのです。

これは米俵にすると約200俵あまりになります。

 

ちなみにその後も同じように続けていくと、その10日後には5497億5581万3888粒となり、米俵にして20万俵に達します。さらに50日目まで続けると562兆9499億5342万以上の粒、重さにして約1260万トン。

 

これは日本の年間のコメ総生産量(約860万トン)を超える量です。まさかと思ったら、みなさんも計算してみてください。

 

というわけで、幸せも昨日の倍に感じるよう地道にやってると、そのうち指数関数的に増大しますよ。