【百代の過客にして】

松尾芭蕉は、有名な『おくのほそ道』の旅に出る前、ある決心をしました。

 

それまでの芭蕉は師匠・北村季吟(きぎん)から認可を受けたプロの俳諧師でした。

 

俳諧師は俳句を捻るだけでは食っていけないので、ふだんは江戸の町人や武士など、俳句好きな素人作品の添削が主な仕事でした。

 

ふと、芭蕉は考えます。

師から認可を受けただけでは師を超えることはないし、このまま平凡な俳諧師に終わるのでは不甲斐ない。

 

そこで、過去の偉大な歌人や詩人が旅した足跡を尋ね、「死者からの認可をもらおう」と考えたそうです。

 

芭蕉がした決心とは、それは現代風にいうと「ホームレスになる」決心です。

 

家も財産も捨て、死者と出会うための旅人となる。

その姿勢は、やがて『おくのほそ道』となって結実しました。

 

人より際立った自分でいようと思うなら、必死とまでいわずとも、ホームレスになる覚悟くらいは必要かもしれませんね(笑。