【不老不死】

海には、不老不死の生き物というのがいるそうです。

これ、「ベニクラゲ類」というクラゲの一種ですが、大人になって生殖を終え、ある程度まで老化が進むと、成長が逆回転して幼体に戻ってしまうのです。事故等で死なない限りこの過程に制限はなく、つまり不死なのです。

 

これは生命としては稀有なメカニズムで、科学者たちが懸命に研究に取り組んでいます。

(不老不死が必要か、正しいか、などいう倫理的なことは科学者には関係ありません。彼らは作れるものは作るのです)

 

生命としての「個性」を未来へ送るために、

自分自身を再生して生き続ける。

または、

子供に託して、自分は退場する。

 

戦略、方法論の違いで、目的は同じことであるように思います。