【アン・ディー・フロイデ】

大晦日といえば、ベートーヴェンの第九がよく聞かれます。

ベートーヴェン生涯最後の交響曲となった9番は、もはや彼の遺作というより人類の遺産でありましょう。

コーラスが入る第4楽章は当時の交響曲としては異例の展開で、この詩はドイツの歴史学者・詩人シラーの『自由の讃歌』から採られています。ドイツ語の Freude(フロイデ)は歓喜、喜ぶ笑顔のこと。

 

 

An die Freude 「歓喜に寄せて」

 

時代が鋭く分断したものを

喜ぶ笑顔の神秘が、再び結びあわせる

すべての人々は兄弟となる

 

ひざまずくか、もろ人よ?

創造主を感じるか、世界の者どもよ

星空の上に神を求めよ

星の彼方に必ず神は住みたもう

  

  

熱烈な自由主義者であったベートヴェンは当時起きたフランス革命を支持し、その反動による自国の貴族特権の復古に危機感を覚えていました。

9番を作曲したとき、難聴が進む彼の耳はもう完全に聞こえなくなっていたといいます。作曲家にとっての闇の中、魂の光がふり注いだ曲と歌。またも分断が進む世界中が、いま傾聴すべき歌ではないでしょうか。

 

今年1年間もいろいろありました。いいこと、悪いこと、いいこと、いいこと。

なかでも、皆様とともに成長できたこと、このFacebook上にて身の程を弁えず皆様に発信できたこと、何よりの幸せでした。ありがとうございました。

 

来年も良い年にいたしましょう。