【できることはいくらでもある】

 カンディーの伝記を書いたルイス・フィッシャーは、ガンディーが実践した非暴力・非服従について、次のように書きます。

 

「ガンディーが偉大なのは、だれでもできただろうがだれもしなかったことをしたことだった」