【大馬鹿を見る】

『君主論』でマキャベリは、

「君主は民衆の支持を得ていると錯覚してはいけない。民衆や臣下が『わが君のためには死をも辞さぬ』と言うのは、死ぬ心配がないときだけだ」と戒めています。

 

社長さん、上の言葉の「君」を「社長」に、「民衆や臣下」を「取引先や社員」に、「死」を「倒産」に読み替えてみてください。

良いとき、たくさんの人があなたを褒めますが、鵜呑みにするなら大馬鹿者です。