【日本一】

 下足番を命じられたら、

日本一の下足番になってみろ。

そしたら誰も

君を下足番にしておかぬ。

 

ー 小林一三 (阪急創業者)