【失うことを恐れてはいけない】

「物質はおろか、空間も時間もゼロの無から宇宙は生まれた」という説があります。

― アメリカ・タフツ大学のアレキサンダー・ビレンキン博士『無からの宇宙創生』:1982

 

最新の量子論によると、たとえ真空であっても「なにも無い」ままという状態はゆるされないことが計算によって証明されています。ビレンキン博士の論は、同じように時空も無の状態ではいられないというわけです。

 

すべてを失っても、やがてそこから生まれてこずにはいられない。宇宙でさえも。