【貧ニシテ愉シム境地】

孔子に弟子の子貢が問います。

「貧しくても卑屈にならず、人にへつらったりしない。また、金持ちになっても少しもいばらない生き方はどうでしょうか?」と。

 

孔子は、「それも悪くないね。が、貧しくても道を楽しみ、富んでも礼を好むというのにはとうてい及ばない」と。

 

あるべき人間の態度、を考えさせられる対話です。