連8【命】

 現代は、自分の「天命」を知らない人がほとんどです。考えようとさえしない人も多い。

「神さまなんていないし、与えられた天命なんてない」

けれどそんな人でも人生の意味くらいは、ちょっと想ってみたりすることはあるでしょう? 

「おれの人生って、なんなんだろ?」

こう考えるけれども、すぐやめてしまう。考えるのは疲れますからね。なんとも残念な話です。

 

贅沢をしたいでもラクをしたいでもいいのですが、それを本当に実現している人は、ちゃんと自分の命を知っている人です。

近道を探すのが流行ですが、金メッキは軽蔑されるだけです。ただ相続したり偶然与えられた資源があるだけで、善き楽しい人生など望むべくもありません。

 

自分に与えられた天命を知っているか? 

自分ひとりで探してもなかなか知り難い。かの孔子でさえ、己の天命を知ったのは五十歳のときだそうです(知命)。

 

あなたにも、「命(めい)」があるのです。

 

つづく