【絶望の中の希望】  

 

世界的に流行しているのは、ウイルスなのか? それともなにか他のものなのか。

 

他のものというのは、デマなどのアホ菌に加えて、誰でも持ちうる、心の要件のこと。

 

 

 

「恐ろしさ」、「不安」、「未知性」、「焦燥」・・・

 

    

 

日本ではそこに「忖度」、「同調圧力」も加わり。

 

 

 

国難といえる経済の停滞状況が、ただの心理だけで実現してしまう。

 

誰もコロナウイルスなんて見たこともないのに、なんと脆弱だろう。

 

 

 

「王様は裸だ!」

 

 

 

個性運命学の仲間ならば、そう言うだろう。

 

心のネガの代わりに「強さ」、「信念」、「希望」、「ブライト」を持っているはず。いまこそ学問のテストだ。

 

 

 

[参考資料]

 

● コロナウイルスによる死者数(3/7時点) 6人

 

● 交通事故死者数(2019年) 3,215人(過去最小)

 

● インフルエンザ死者数(2018年) 3,325人

 

● 糖尿病死者数(2015年) 1万3,327人

 

● 自殺者数(2019年) 1万9,959人

 

(すべて国内・一年間)

 

 

 

コロナより自動車が、自動車よりインフルのほうが怖くて、それよりさらに砂糖のほうがもっと危なくて、いちばんの脅威はいつでもやはり「自分」なのです。

 

コロナ減らして、自殺者増やしてどうすんの?