【アタマの洗濯】

【アタマの洗濯】

「プリウスミサイル」という新語ができるほどで、ちかごろは高齢者の危険な交通事故が多発している。ということになっています。

以下の表をご覧ください。一昨年(H30)は高齢者を含め、交通事故そのものが過去最低となりました。表からわかるように交通事故件数は年々減少傾向にあり、また事故を起こすのはやはり若年世代が圧倒的に多いのです。

にもかかわらず、なぜ私達は高齢者の事故が増えているような気がするのでしょうか? どうしてそのような印象を持たせるような報道が多いのでしょうか?

交通事故が減るのは良いことです。自動運転可能な”新型車両”が発売されて”増える”のも私は賛成です。
では、なぜこういう話題をするかというと、問題は、「私たちが事実とは異なった認識を持ってしまうということが、それが誰かの意図によるものである場合」、それを洗脳と呼ぶということです。

[表・警察庁データより]