【自分の神さまと対話していますか?】

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の人はみんな毎日いっしょうけんめい祈っていますね。
みなさん、ああいった一神教で「祈ること」というのは、「お願いをする」のとは違うんですよ。

彼らが祈るのは「対話」しているのです。神と対話。対話相手だから、神は一人だけでいいのです。
対話で、自分は誰であるか、人生の意味はなんであるか、世界はどうやってできているか、を考える。
そういった営みから、哲学や科学が誕生したのです。
神仏に現世や来世の利益ばかり頼んでいる日本人にはわかりにくいところですね。

みなさんも自分の神様と対話していますか? 
神さまと対話するからには、いろいろ考えとかないと、相手にされませんよ。