【宿命→運命】

シモーネ・ド・ボーヴォワール* は書いた。

「女は女に生まれるのではない。女になるのだ」
(カッコいい)
「女はいかに女になるのか? それは女を引き受けることによってである」

様々な境遇を、あえて引き受ける。
「宿命」から「自らの選択」に変えること、それが運命ということのスタートかもしれない。

*(フランスの作家、思想家、フェミニスト活動家)