【PRIDE】

慢心や傲慢の「慢」の字はサンスクリット語の「マーナ」の音写で、これは煩悩の一つとされています。
カトリックでも「傲慢(pride)」は七つの大罪の一つですね。

うぬぼれた傲慢な人を眺めれば、自分ならあんなふうにはしないけどな、と思うものですが、いざ成り上がってそういう立場になってみると、その必要性から自信とか傲慢さがなければならない時があるもので、それをやっていると知らず識らずの間に身についていってしまうのです。大罪のうちの傲慢が英語で表す場合 arrogance ではなく pride なのもリアルなところで、でもそこに落とし穴がある。
で、それで最後に至るのは、やっぱり破滅なのです。
謙虚でいて自信がある、というのは難しいことです。