【人が大凶運に陥るとき】

ふだんどれほど優れた人でも、危難にあうときは常日頃では考えられないほど不用心なものです。
いわゆる魔が差す、とでもいうのでしょうか。そういうときは必ずあります。
そういうときを、個性運命学で知って、いつもより気をつけてくださいね。