【学問の闘い】

学問はなんの役に立つのか? 机上の空論だのなんなの、言われながら・・・

「概念」がなければ私たちは「経験」を表現することができない。人々の経験を表現し伝達し、蓄積し利用することが、人間と他の動物を分けてきた。その道具として、まず概念が必要だ。

すべての学問が、この「概念」を創ってきた。それは常にそれまでの既存の常識との闘いであった。
私たちもまた創る。人の運命というつかみ難い現象により近づくため、概念を与えるために。