【嘆くほどのこともなかった】

人生も還暦に近づいてまいりますと、まぁグランド5周したわけです。
私の命(めい)は、おそらくわりと上がり下がりの激しい運行で、どうしようもなく堕ちるときもあればトントン拍子に調子よく登っていくことも、これまで何度かありました。

若いときはとことん堕ちこんでしまったときなど、「あぁもうダメだ。人生終わりだー」などと嘆くこともありましたが、3回4回繰り返していると、「あぁまたか。また昇るさー」と安穏といられるようになりました。

とくに近年個性運命学を学ぶにおいて、その原理原則が知れるようになってきました。ぜひ皆さんも、他の学や流派でもいいですが、そういった心の学問を習慣としてやっていただいて、生きるに充実するすべとしていただけるといいと思います。