【本質的な自由】

福澤諭吉は言いました

『自由とわがままは違う』

「自由になりたい」(わがままで現実逃避)「自由でありたい」(自分勝手で迷惑や心配をかける)など、それが自己実現だと勘違いしていることをよく耳にする。

自由とわがままの違いは、他者に迷惑をかけたりを妨げることとなっていないかの違いにある。 

「自分の金だからいいじゃないか」

「自分のことだから酒に溺れたとていいじゃないか」

「自分のことだから色恋に溺れたとていいじゃないか」

これらのような自分勝手な思考では、当人の問題課題や社会を妨げる問題課題に気付かず、また人間関係に弊害が出ることでしょう。

過酷なストレスや配慮や気遣いの苦痛から、自分の身を守ることしか見えなくなり出来ない理由で愛が不足している人に、愛を持って手を差し伸べよう。

今ある場所で協調性にて咲きましょう。

 

あなたが愛を持って使命に生きることで得られる自由が個性運命学にあります。