【死計】

 死のときの計りごと

これは生計と通じる部分があります

 

いかに生きるか

いかに死ぬか

死後に何を残しますか

 

あなたの人生というかけがえのない旅路を、常に『命と数』に向き合い受け入れ見直し改善していくことの大切さが学問からわかります

(傲慢我欲が邪魔してわからない人は残念ですが…)

 

いつか時が来た時に慌てたりうろたえたりすることなく、今から『命と数』に合わせて準備と努力をしておくと真のあなたらしさに出逢うのです

 

「我が人生に悔いなし!」

と一日一日を『命と数』に合わせて準備と努力をして生きていけば、死の瞬間に今世最後の成幸体験として「我が人生に悔いなし!最幸の人生だった!」を神様はギフトくださるのです

 

一日一生

 

ーーーーーー

小説家

武者小路実篤は言いました

 

『人間が死ぬ時の言葉は美しいと言われているのも、人間は死ぬ時は、自分のことを考えず、あとのことを考えるからである』

ーーーーーー