【残念と喜び】

 

あなたがAさんの為に用意した食事をAさんに

「一緒に食べてくれる?」とか

「一緒に食べられる?」

「一緒に食べよう!」と確認したとします

その時のAさんの回答が

「食べれますよ」

「食べてもいいですよ」

と言われたらどんな感情になりますか?

美味しいお酒や希少なお酒を購入して、Bさんと一緒に飲んで分かち合いたいな、と思って

「一緒に飲んでくれる?」とか

「一緒に飲もうよ」と誘ったとします

そのBさんの回答が

「飲めますよ」

「飲んでもいいですよ」

と言われたらどんな感情になりますか?

逆にCさんがあなたに

「誰か手伝って欲しいのだけど…あぁあなたでいいや」

と言われたらどんな感情になりますか?

本当は別のプランや別の答えなのだが、妥協して無理させて合意されている感じが否めないですよね

個性によっては「偉そう」と伝わってしまう

「◯◯でいい」と言う事で相手をモヤモヤ残念にさせるなら

「◯◯がいいです。ご一緒させて(お誘い)いただき嬉しいです!ありがとうございます!」と言う事でお互い気持ちよいコミュニケーションになる方がいいです

私は他の誰でもなくあなたがいい

というコミュニケーションが増えるといいですね

「とりあえず生ビール!」と注文する人や

確認に対して合っている事を「大丈夫です」と回答する人も同様にモヤモヤ残念にさせる可能性大要注意です

「先ずは生ビールをいただきます」

「おっしゃる通り間違いございません。相違ございません」

望もうが望まなかろうが、目の前の人は意味があって目の前にいるのです

目の前の人と何を分かち合いたいか、目の前の人から何を学べるか、目の前の人に何をさせていただけるか、目の前の人がいい理由をすぐに思える感性を磨こう!

ーーーーーー

イギリスのロマン派詩人

ウィリアム・ワーズワースは言いました

『人の一生における最善のもの、それは、誰の目にも触れない、誰の記憶にも残らない、愛と思いやりのこもった、ささやかな行為』

ーーーーーー

#個性運命学

#創造知能

#反応 #一時が万事 #習慣化 #配慮