【言葉と門】

私たち人間には感情があります

感情も波立ち乱れる事もあるでしょう

しかし、感情で言葉を発していたらコミュニケーションどころではありませんし、伝えたい事も伝わらなくしてしまい自分で自分の足を引っ張っているようなものです

条件反射のようにマイナスな感情を引き起こすパターンが作られてしまった場合には、直ちにパターンを書き換える必要があります

「口は禍いの門」と言われますように、無意識でも感情が言い過ぎを招き、その発した言葉が元で他者に足元を救われたり、笑われたり反感を買ったりしてしまいます

「ここだけの話し」と言って話しても必ず広まるように、大変な事態を引き起こしてしまう危惧がありますから注意しましょうね

どのような境遇や状況になっても、言葉を口にする以上は、心にもない事は勿論の事、安易に感情的な言葉を発してしまわない方がいいです

マッチ一本火事の元

たった一言が山火事になる可能性も大いにありますからね

では、じっと口を閉ざしたままにしよう!という考えはあまりにも稚拙です

口を閉ざしたままでも山火事は起きるからです

何よりも口を閉ざしたままでは、「幸運の門」まで閉じてしまう事になるからです

言葉は福を呼びます

言葉は幸福を呼びます

おしゃべりが過ぎるのは勿論懸念もありますが、無言もまた決して良い事ではなくリスクの方が大きいのです

相手の災い発言があった時には「許す器」があなたの器となり今後のあなたの印象を変えます

揚げ足取りしてマウント取るレベルの低い人からは距離をとった方がいいかもね

自分の事ばかり気にして消極的に無口になるのではなく、相手が心地よい言葉、相手のお役に立てる言葉は惜しまず積極的に届けるべきですね

発する言葉が思いつかないのなら、報告すべき事、連絡しておくべき事、相談すべき事を探れば10や50くらいは簡単に出てくるものです

口は災いの元にもなるが、幸運を呼び寄せる『命と数』の門でもあります

災いの門にするか

幸運の門にするか

あなたの選択次第です

ーーーーーー

アメリカの著作家

ニール・ドナルド・ウォルシュは言いました

『プラス思考の最高の形は、感謝の言葉だ。

「人生で成功させてくれてありがとう、神様」そういう考え、思いを口にし、それに従って行動すれば、素晴らしい結果を生む。

結果が欲しいからそう言うのではなく、結果が既に生じていると本当に分かっていて口にするのであればうまくいく』

ーーーーーー

#個性運命学

#言葉 #相手を思う #届ける #愛