【理想と登山道】

 

あなたにとって「理想の人生」とはどんなイメージですか?

その理想の人生を山に例えるとどんな山ですか?

その山の頂上から見える景色と聞こえる音や感じる風や匂いはどんなイメージですか?

登山道を歩む道中には何が見えますか?

その山の向こう側には次の目標となる山が見えてきて、その山も登りたくなりました

今いる山を一度下山してから隣りの山の登山道への進みます

頂上から頂上へジャンプはしないものですよね

本当に大切な事は少し時間がかかり、少し遠回りのようにも思えるかもしれませんが、道中で学び成長する事が肝要であります

その「かかる時間」とは決して距離だけではありません

勝つ為の方程式を学び、人間力を高める在り方を学ぶ時間が必要だという事です

「急がば回れ」とよく言いますが決して遠回りをして長い距離を選択しなさい、という事ではなく時間の使い方です

急いでインスタントで済ませてしまうと後で余計な手間や時間やお金や労力が費やされてしまう

初めはあなたを理解してくれる人は少ないでしょう

だが学び成長しながら前進していると、必ずあなたの志しに共感する人が現れます

(利得への共感ではなく志しへの共感です)

志しを共有する同志と絆を深める時間や、他にも有意義な必要な時間があるのですが、普通の人は「手っ取り早く」というインスタントなレベルの違いから理解できません

何でも一手間加える事の愛情が豊かさを生むようにね

「日本を、世界を、変えたい!」

という志しを持つ人が選択する登山道は「官」ではなく「民」を選択する人が増えているように、時代の流れにより登山道は進化する

今日も感性の良いあなたの志しが伝わるステキな1日となりますように

ーーーーーー

アメリカの教育家

ヘレン・ケラーは言いました

『結局、真の知識を得ようと望むものは、誰でも艱難の山を一人で登らなければならず、頂上への王道がない以上、私は曲がりくねりながら登らねばならぬことに気付いたのです』

ーーーーーー

#個性運命学

#理想は元気ですか? #景色を楽しむ

#無駄な遠回りは不要 #愛