【小人と距離感】

 

学問では

「小人(器量の小さい人)を相手にするのはやめなさい。小人には小人に相応しい相手がいる」

と教わります

それは、その人のレベルの低い感情の質に振り回されたり、身勝手な理屈を押し付けられたりするのは、気分もよくないし運気も下がり衰退していってしまうから

言い争いというのは、同じようなレベルの人間同士に起こるもの

大した事ない小人に関わっているうちに、自分自身もどんどんレベルが低くなってしまいます

なので、自分の為にも自分の周囲の大切な人の為にも自分の使命の為にも、小人には近付かない事が肝要です

更に、この教えには続きがありまして

「人格の立派な人間に媚びへつらうのはやめなさい。そういう人はエコ贔屓などしてくれないから」

という意味の言葉に続きます

「ラクだから」

「良い事を言ってくれるから」

「嫌われたくないから」

とて

ネガティブだとわかっている人や、偉そうな人、威圧感のある人、不平不満愚痴文句を言う小人からは、距離を置いた方が衰退しないですむよね

運命を創り掴みたいなら、人生を好転させたいのならば、『命と数』を活用し

身を置く環境を選ぼう!

付き合う相手を選ぼう!

愛ある人生の為にも

ーーーーーー

アメリカの作家

ヘンリー・デイヴィッド・ソローは言いました

『思考は、あなたがそうありたいと望む人格を作り出す彫刻家である』

ーーーーーー

#個性運命学

#注意 #離れる勇気 #正義 #愛

#人に言えないなら陰で言わない