【浄化と好転】

 

私たち人間に神が与えてくださった素晴らしいものの中の一つに感情というものがありますね

喜怒哀楽

にも様々なレベルや質の違いがあります

幼稚なものから崇高なものまで

泣いたり笑ったりする事で感情をリセットする事が出来るのですが、日常の生活の中で、爆笑したり、大泣きしたりするシーンってなかなかないですよね

しかしながら、日常生活の中ではその様なシチュエーションはそう多くはなく感情の起伏が少なくなる事で「大人になった」と浅はかな考えの人がいますが、ただ鈍感という感情の鈍りです

簡単に泣いたり笑ったりする方法の一つとして、エンタテイメントがあります

映画、演劇、ミュージカル、コンサート、や小説もいいですね

今時では手持ちのスマホやタブレットなどで鑑賞することも可能ですが、やはり劇場で臨場感を味わってこそエンタテイメントの醍醐味ですよね

劇場ですと感じるものがリアルにな事と、他のお客様の表情や感情を感じる事も、自分の自然な感情を表出させやすくもなります

感情の使い方には癒しの効果をもたらす使い方というのがあるのですが、俗世での欲の右往左往の荒波にて心に濁りや澱の様なものが解放され、浄化され「魂の浄化」ともいわれ『命と数』の好転をする程の効果をもたらします

個性運命学で人様の様々な「人生ドラマ」に直面する機会が多くあります

この人生ドラマはまさに、ノンフィクションヒューマンドキュメンタリーとして日々リアルに味わえます

気兼ねなく泣き、気兼ねなく笑い合える仲間と共に、リアルエンタテイメントを分かち合える感性の豊かさも成長の証です

斜に構えて、すまして格好つけていても感じが悪いだけで、格好悪いよね

あらゆる国々でも、情熱なく冷めている人間で成幸している人はいないです

個性運命学を学ぶと、人様の人生への関わりに関して、襟を正して誠意を持ってまいります

かんどうを

わかちあいたい

いつまでも

ーーーーーー

イギリスの著作家

ウィリアム・ヘイズリットは言いました

『本当に偉い人物になると、偉そうな様子は全然見せないのである、つまらぬ人間に限って人を見下すものである』

ーーーーーー

#個性運命学 

#浄化 #好転 #運命 #感性 #感情 #愛

#レベル #素直さ #理解力