【原因と原点】

 

あなたの前に野球のボールがあるとします

では、そのボールを前に投げる格好をしてみてもらえますか

あれ?

今、ボールを持った方の腕を後ろに引きましたね

前に投げる格好をして、と言ったのにどうして後ろに低くのでしょう?

でも、後ろに腕を引いて力とバネを使わなければ前には投げられませんから、当然ですね

私たちの「人生の道」は常に逆の力とバネをテコの原理のように働かせて、世の中のバランスを保っているのと同じです

「道」というのはそういうものです

道の前には万物の平等を試されるものです

だから道というものはこの世の中を平にするよう作用します

やり過ぎれば凹まされますし、ドン底に落ちれば引き上げてくれます

日々の選択によって凹まされる角度と深さは違ってきますし、日々の選択によってドン底から引き上げてくれる程度も僅かな引き上げか、ドン底以前よりも高い所にまで引き上げてもらえるか変わってきます

そこを理解した上で道に調和を取られる前に、自分で偏りを無くす様に努める事が肝要です

調子の良い時こそ「おかげさま」と謙虚に感謝して恩返しをしていく

一番辛かった時苦しかった時、その時にそれでも尚夢や目標に向かって踏ん張りたい!ともがいていた時の状況に立ち返る事で傲慢さが軽減し、転落の一途とならずに未然に防ぐ事が可能です

初心忘れるべからず

何度も何度も聞いた事があるが、知っていても頭の中では思い出したとしても、実際には実行出来ていない人が多いです

ちょっと業績が上がり増収増益となった企業で「よし!海外へ社員旅行だ!」とか「臨時ボーナスだ」と身内にだけ還元する企業がありますが、そういう振る舞いはうまくいかない時にするもので、還元すべきはお客様であり、増収増益を助けてくれた協力者にすべきです

紐解きでたくさんの企業の増収増益や勝利に貢献してきた星里奏先生のところには、様々な企業やトップが臨時ボーナスをお持ちになります

それを先生は以前は全て寄付していましたが、今は会員様やお客様の為に更に還元しています

ちなみに社員には質素な煮物と温かい愛で心身への栄養摂取をしてくださいます

ご恩も感謝も原点を忘れてはいけません

誰もが原点をたどれば「自分にはもともと地位も名誉も財産も何も無かった。あるのは夢や目標や志しだけだったじゃないか!」と思い出せば、すねたり、不平不満愚痴文句を言う事や思う事にはならない

良い時も悪い時も自分がどんな状況になったとしても、謙虚さと感謝でご恩返しをして自らの『命と数』の好転を図る事が出来る人は、凸凹道で経験した事を成長として穏やかな平和な道になるのです

ーーーーーー

ブラジルの小説家

パウロ・コエーリョは言いました

『ただ真っ直ぐな道路は、よき運転手を育てはしない』

ーーーーーー

#個性運命学

#人生道 #人間学 #実感 #経験   #愛