【雑草と人生の花畑】

 

数々の経営者を奇跡的復活に尽力してきた紐解きと個性運命学は、『命と数』に合わせて軌道修正し、しっかりと「道」を誘導してきたので、安直な売上や利益の追求方法やテクニックでなく、学問という本質において挽回の成果をあげて実績を信頼と共に積み重ねてきた

一時的な成功は誰にでもちょっと頑張れば可能だが、成功し続ける「道」をナビゲートする事は容易ではない

紐解きや学問もさることながら、受け手の経営者の「いくつかの要素」が不足していると、勝てる戦も勝ちに導けない

材料一つ、道具一つ、コピー一枚、扱い方に在り方が出る

見て見ぬふりの選択、責任逃れの選択、強がり知ったかぶりの選択にも敗因へ繋がる運命になる事を知らない人は多い

衰退する人はそのような事への指摘や指導や教育という苦言に感謝できず、変なプライドから耳が痛い事は嫌い聞く耳持たず、避けて除けて逃げてしまい『命と数』は更に悪化してしまう

人は誰でも苦言を言う事を好む人はいない

嫌われるリスクを背負って紐解きやコンサルを行うのはお相手の勝利にコミットしこだわっているからである

うわべな理解力しかない人は、苦言に対して不平不満愚痴文句悪口反発など稚拙な選択をして無駄な抵抗をするが、更に衰退してしまうスパイラルに陥るのでかわいそうである

だいたい社会で起きる事は、油断して放置すると雑草のように、すぐに大切なところをどんどん覆い尽くされてしまう

雑草むしりは地味で足腰痛くなりめんどくさいと思いがちですが、行わない選択で雑草に飛び火し火事になってしまうような災いの後処理は草むしりどころでは済まない費用や労力やストレスを負う事になる

何が雑草で、何が薬草で、何が植物で、どこが間伐すべき森なのか『命と数』はしっかりと教えてくださる

あなたの人生において様々な花が咲くもの

どんなに地味でも華を添えてくれる

かすみ草がバラを演出してくれる役割があるように、雑草も刈り取れば土の茶色が現れるが、適度に整えたら緑が映えて土も呼吸する

雑草は刈り取るだけが選択ではないようです

必要悪っていうのもあるようにね

ーーーーーー

イングランドの劇作家

ウィリアム・シェイクスピアは言いました

『人間の心というものは、活動がとまってしまうと、雑草が生えるものだ』

ーーーーーー

#個性運命学

#思い込み #決め付け #味わい #愛