【上と下】

 

スムーズに早く登れるその山は

山の頂上で味わいも少なく景色も乏しく下るのも早い

伝説の頂上は、ふもとから山頂まで一直線で最短距離で登る登山道もなければ、エスカレーターやエレベーターなど楽な方法があるわけがない

急勾配を緩和させる為に遠回りのような登山道を、一歩ずつゆっくり登っていく道中に、足元や景色をじっくり味わう

水たまりもあるでしょう

登山道を妨げる大きな木が横たわっていることもあるでしょう

石ころも転がって歩きにくい道もあるでしょう

障害や邪魔とも思えるシーンもあるでしょう

これらを味わい登り続けると

様々な山を経験して次々と山脈を経験し

気付けばすごく高い山に立っているよ

上に行くには下でどう在るか

下でどう在るかで上で見える景色も変わる

上でどう在るかで下に下りるだけの下山道にするか

もしくは

次の山への登山道に繋がっている下山道をゆっくり味わうか

上司が末端の気持ちを理解して行動で示せるか、部下がトップの気持ちを理解して行動で示して価値を創造するか

上は下であり

下は上である

ーーーーーー

江戸時代の思想家

二宮尊徳さんは言いました

『下方向や楽な方に比較をしてものを言う者は怠け者である。

まだこんな時間か、まだ仕事や勉強ができると、上方向や困難な方に比較をしてものを言う者は勉強家、働き者である。

一言を聞いても人の勤勉・怠惰は分かるものだ』

ーーーーーー

#個性運命学

#ラクのリスク #見えていない #価値 #愛