【6 human needs】

シックス・ヒューマン・ニーズについてお話ししましょう。

 

有名な「マズローの欲求5段階説」では、人の欲求がどのような種類であるかを把握するものでした。

「自分がいま欲しがってるのは、こんな種類なのだな?」と。

 

ただし、これは心理学者の考察なので、その研究目的は人間の心理生態を観察したものにすぎません。これを知っただけでは、ただ自分を客体の生物としてその欲望を把握することだけで、なんとなく納得して、「そんなもんかな」と、それで終わりにしてしまう危険性がありました。

 

シックス・ヒューマンニーズでは、自分が欲しがっているものを把握し、それで満足したりせず、それを具体的に実現するために、分の行動を変化させる手法です。

 

いまの自分の欲求がどのような種類で、どのような組み合わせなの、そして各欲求は、なにゆえ相反するのか、の構造具体的にわかれば、いま現在とっている行動が、自分の目的に沿っているかどうか? 

と考えられます。

 

おそらく、沿っていないから、不満であるに違いありません。

 

そこでそれを人や環境のせいにしたりせず、自分で変えていく。

 

自分のニーズをはっきりと把握し、優先順位をつける。相反するものを一度に達成することはできません。

 

ですから優先なものからやっつけていく

そのように自分のプログラミングを書き換えるわけです。

日々それを心がけるだけで、おのずと行動が変わってくる。

数ヶ月後には、驚くほどの効果が得られるでしょう。

 

 

具体的な手法は、講座等で詳しくお伝えします。