六行 十二の神

 

人は誰でも宿命を背負っています。

人は生まれてから死ぬまで、この宿命に支配されます。宿命によって踠き、苦しみ、何人といえどもこの宿命に逆らうことはできず、また抗うことは無意味です。

 

ただし、その宿命を知ることはできます。この宿命は、あなたに生まれながらに宿る神が支配しています。宿命(神)を知り、災厄を避け、勝機を計れば、この宿命を運命に変えて、自らの手で命を運ぶことができます。

  

ここでは、あなたの中に宿る一人の神を、タイプ別でご紹介します。

  


ところで、同じ神を有しているなら、みんな同じ人生か、というと、そんなはずはありません。よく似通った性質の人でも、その人の人生は世界で唯一のものです。

同じ仲間の神はたしかに似ていても、ひとりひとりの神は異なります。そして異なれば、人生の周期「バイオリズム」も誰一人同じ人はありません。

詳しくは ↓で確認してみてください。

 また、人生に方向を与えスタートさせるのは神ですが、その人が成長していくのは、他者との相性の影響のほうがはるかに大きく、これまでの人間関係が、いまのその人を作っています。

生まれてからこれまで、自分の神に相性のいい人ばかり囲まれてきた人は、現在は成功者のはずです。いまの自分に不満があるのなら、周りに相性の合わない人が存在しているということでしょう。

 

続いて、あなたの神が、どういった人とどういう関係にあるのか、示したいと思います。

 

《準備中》

 


 

 

 

一般社団法人Astrology Bio-Rhythm Deciphered協会