人生の四季

 

人生では、どんな人でも、活動的なとき、静かに機を待つとき、があります。

個性運命学では、バイオリズムを四季にたとえて、人生のタイミングを考えます。

 

季節の過ごし方

 

●春は「種まき、水やり」

 

春は種まきの季節。

新しい春の到来ですから、チャレンジすることが大事です。

望みを叶えていくという意欲を持つこと。人生の種まきをする時期なので、人と会うことや世界を広げることを意識しましょう。

ただし、春といっても楽しいことばかりではなく、夏が近づいたら、たくさん出てきた不要な芽を間引くことも必要です。せっかく育てたものを間引くことは痛みを伴います。その痛みも含めて、とことん考えるのが、春を過ごすコツ。

 

春夏秋冬すべての季節のなかに痛みはあるものです。

 

 

●夏は「達成感を味わう」

 

夏は育ちの季節。

あなたのチャレンジの芽が、どんどん成長していきますよ。

夏がくる前には梅雨があります。不安定な天候で、ジメジメした雰囲気だけれど、備えができるかどうかが肝心。害虫やカビにも耐えて、クサらず過ごしましょう。

雨をしっかり吸収したら、春に仕込んだ芽に、夏の花が開くとき。自分の達成をどう味わうか。夏休みやお祭りなど楽しいことも多いけど、そればかりに気をとられていると、足をすくわれることに。

何かを達成し、充実感を味わえる一方で、周囲からいろいろ言われたりすることも増えてくる。その痛みもちゃんと受け止めましょう。

 

●秋は「収穫して働く」

 

秋は収穫の季節です。

実りの収穫を、自然や人様に感謝して、頂きましょう。

 でも、収穫するということは、単にお金が入ってくるとか、地位や名声を得るといったことではありません。なぜなら収穫の刈り取りは自分でやらなければならないから。

 ただ実りをもらうだけでなく、しっかり働く。自分のためだけでなく、ほかの人たちの穫り入れも手伝いましょうね。他者との協調も、秋の季節の天命です。

だから、自分自身に問いかけてみましょう。

人のためにちゃんと働いていますか?

 

 

 

●冬は「次への準備」

 

冬は、静寂の時。 

しっかり収穫した蓄えで、健康に冬を乗り越えましょう。

 冬は雪で覆われ足元が見えない。それでも歩みを止めず、だから不安になります。冬は信頼できる誰かに、前を歩いてもらうのがベター。

冷たく澄み切った空気で、満天の星空が見えます。頭もすっきりと冴え渡ることでしょう。

この静けさを利用して、自分を見つめ直したり…。今まで見えなかったものや、周りが見えてきます。見えることでの痛みもあるけど、それが冬の痛み。

 

やがて、必ず春が巡ってきます。翌春に備えて、勉強したり資格を目指したり、スキルアップしましょう。

「よし、来年は何をしようかな」と考えて準備することを忘れないでくださいね。

 

 

季節の循環

 

四季の中にも移り変わる12の循環があります。

その循環で気をつけなければならないことをお伝えします。

【望】

過去を捨て、切り替えの時。

 

【資源】

協力者、活気、実行の時。

 

【運命】

独立、結婚に好機。決断の時。

 

【天候】

精神に不調きたす。根性の時。建築は不可。ピンチの後に幸。

 

【祭】

勘、集中力の時。人気信用が集まる。

 

【幻】

脱線しやすい。浮気、事故に注意。

 

【扉】

再びくる運。信用力増大。ツキ、再婚に吉。

 

【結集】

予想を上回る成果。宴会に縁。

 

【城】

巧成り名を遂げる。高慢に注意。

 

 

 

【空】

裏切り、期待はずれ。新規は凶。未来より過去が重要。

 

【回天】

最低な時。人のために生きよ。

 

【裁断】

平和を失うが、不幸な人は逆に希望が宿る。