2021/10/25
都合が悪くなると 「忙しいから」まぁいいか。と やるべき事を先延ばしにしたり した事はありませんか 失敗している自分を知られたくない… やるべき事をやっていない自分を 知られたくない… 出来ない人だと思われたくない… など 思った事はありませんか それは、余計に「機」を逃すことになる そんな時こそ自ら出向く 次があるかわからないのだから...
2021/10/23
自分の情けなさや失敗経験をした時に 失望や絶望を感じる事はありますか? だとしたら おめでとうございます 「失望や絶望」と「希望や願望」は表裏一体だから 失った時は得られる前兆なのです 悔しさ、情けなさ、やるせなさから 大きなものを失ったり手放したりした時に 次のステージで新しいものが得られる 下のフロアで手放して置いてくると...

2021/10/22
あなたが世の中の為に大義を尽くそうとチャレンジしている事を、馬鹿にしたり揶揄するような人はあなたを愛していない あなたに近しい人ほど否定的でしょう だってあなたが遠く高く離れていくようで寂しいから 私も共に頑張る! という仲間か 否定的にあなたの頑張りに水を差す 長い知り合いか...
2021/10/21
自分にとって都合の良い事や利益になる人を「良い人」と言ったり 自分にとって都合の良い答えを出す人に「良い人」と言ったり また、自分にとって都合の良い事を言ってくれる人を探して正当化を話して相手は気を遣って同調共感してくれたり 同調共感してくれる人が現れるまで2人め3人めと次々と求めていては『命と数』は乱れ衰退していく...

2021/10/20
人生に大切なのはタイミングだけでなく、空気感や環境も重要な要素です タネを巻く時期タイミングがあるように、人格品格を高める行動や対処が出来るチカラがあるかも成長する必要性を考えさせられますね しかし、混沌とした世の中の時に何が最も適切かを自分の考えだけで判断するのは危険です...
2021/10/19
水が多過ぎると洪水になり、少な過ぎると枯れ果ててしまうので、適度な状態を保つことが大事ですね また、節度をわきまえる事で過不足なく経済も人間関係も満たされます 竹が節目で一度ふさがりまた筒が通るように、適度に節目でケジメを設ける事で、背伸びして欲張らず、節約や規則正しい『命と数』にまっすぐに育ちます...

2021/10/18
個性運命学では、夢や目標に向けて達成幸動していく為に持つべきこだわりと手放す執着が4つある 結果成果にこだわるなら、幸せや豊かさを増やしたいからこそ、損をしないように、手放す執着を行い『命と数』を好転させるが肝要です ーーーーーー ドイツの詩人 ヴィルヘルム・ミュラーは言いました...
2021/10/18
私たち人間にはそれぞれ個性があり、人生を豊かさと幸せを味わう為に『命と数』を活用出来るように『命と数』を知り『命と数』を学び成長していく 人生の学びはすぐには大きな成果を感じにくいが、間違いなくコツコツと自分自身や家族や仲間など周囲に結果成果が還元されて受け取り続けている事を認識できる...

2021/10/16
出来事には嬉しい事や嫌な事、都合の良い事悪い事など様々ありますよね それら全ての出来事には必ず「芽」があります 重大な事も難解な事も最初はごくごく小さな問題ですから、本来対応も容易なのに、衰退している人には小さくて無関係だと思い見落としてしまい対応できず機を逃してしまう...
2021/10/15
誰もが失敗経験が無く成幸はありません 成幸には経験をして学習して成長が必要だからです しかし、昔から失敗にも許されるものと許されないものがあります...

さらに表示する