2020/01/18
「人の運命には満潮と干潮があり、この潮勢を機敏に捉えうるもののみ、能く幸福の彼岸に達する」 ー ウィリアム・シェイクスピア   「運も実力のうち」と、よくいいます。これはまったくそのとおりです。   運という言い回し、”その人の実力よりも、環境要因の次第”との意味で使う人もいますが、それは正しくは”偶然”であって、運と偶然は違います。  ...
2020/01/17
個性運命学を学ばれる方々は現にリーダーであるか、やがてリーダーとなる人達です。なぜなら個性運命学は帝王学だからです。人の上に立つだなんてと本人が遠慮しても世の中がほっとかない。  ...

2020/01/16
どれだけくだらないつまらない自分であっても、 価値ある資源に他ならない。   だって他に代替品がない。
2020/01/15
昨日の話に補足をしましょう。次のようなお話し。   イギリスのある幼稚園。子供のお迎えに定刻より遅れる保護者が数名いて幼稚園は困っていた。ひとりでも遅れる人がいるとスタッフの残業が発生するからだ。 そこで幼稚園は、お迎えの遅刻に対して罰金性を導入した。30分以上遅刻すると3ポンド、そこから10分おきに1ポンド‥ というように。  ...

2020/01/14
私は教育者というほどのものではないですが、人を導くには、導く方は導かれる側の数倍の情熱と貢献が必要だということを、実践を通じて学びました。そうしてでも効果が得られない場合も多いのに、そうしなければなおのことということです。   同様、自分のお子さんなどに対し、お子さんがする努力以上を、ご自分がしているでしょうか?   ...
2020/01/13
仕事もせず遊んでいるのが、なぜ非難されるか? それはたいてい、真剣に遊んでないからである」   と、言ったのはホイジンガだったかどうだったか‥  すいません私のオリジナルかもしれません。

2020/01/12
「モラル」というと、日本では「モラルがない」とか「ある」とか、なにやら道徳観や控えめで倫理的な態度をわきまえているか、などのイメージが想起されます。   けれども英語の「morale」は、日本語では「士気」と訳されます。   広辞苑によると「士気」は  兵士の意気ごみ、転じて集団で事を行う時の意気込み ―を鼓舞する  ...
2020/01/11
成功した人たちを見てみて。やけに自信満々だ。 自信がなければ、成功はしない。 たまに自信がないのに成功する人もいるけど、それは単なる偶然で実力ではない。   しかし自信は、根拠としてこれまでの成功体験がないと、自信を持てない。 けど、自信がないと成功しないし、また成功しないと自信もない・・・ うーむ。鶏と卵のような話で‥    ...

2020/01/10
企業会計における「無形資産」とは、企業が保有する「特許、著作権、ブランド、人材」など、物ではない資産のことです。   米国の政府系シンクタンク、ブルッキングス研究所の調査によると、1978年時点の米国企業が保有する有形資産の価値の比率は企業の市場価値全体の83%でしたが、現在の比率は40%以下となっているそうです。...
2020/01/09
米国の過去100年間において業績を伸ばした企業がもっとも多く出たのは、いつの時代でしょうか?  それは1929年から1940年の間です。 コカ・コーラ、P&G、シボレー、ユナイテッドエアライン、ニューズ・エアクラフト、キャメル、マルボロ、ケロッグ、モノポリー等々。...

さらに表示する