【知己】

友だち作りの極意 というほどではありませんが・・・

 

「士は己を知るもののために死す」 という言葉があります。

 

春秋時代のむかし、伯牙という琴の名手がいた。不世出といわれた天才だったが、俗衆の賛辞は彼にとって無意味であった。

彼の音楽を真に理解してくれる者はただ一人、鐘子期あるばかりであった。

鐘子期は伯牙の琴をよく聴いた。

その子期が死んだ。すると伯牙は琴を破り、弦を絶って、生涯ふたたび琴を弾かなかったという。

 

知己を欲する場合、自分を知ってもらうよりも先に相手を知るのが、おそらく近道なのではないでしょうか。