【未だ在るもの。在るが無いもの】

子曰。「学而時習之。不亦説乎。 有朋自遠方来。不亦楽乎。 人不知而不慍。不亦君子乎。」

 

{書き下し文]

子曰く、「学びて時に之を習ふ。亦説(よろこ)ばしからずや。朋有り、遠方より来たる。亦楽しからずや。人知らずして慍(うら)みず、亦君子ならずや。」と。

 

{現代語訳]

孔子はおっしゃった。 

習ったことを機会があるごとに復習し身につけていくことは、なんと喜ばしいことでしょうか。 

友人が遠方からわざわざ私のために訪ねてきてくれることは、なんと嬉しいことでしょうか。 

他人が自分を認めてくれないからといって不平不満を言うことはありません。

それは奥ゆかしい謙譲の徳を備えた人ではないでしょうか。

 

 

「すごい」と言われたい、思われたい。とか

「自分の方が人より上」とか

 

悔しくて卑屈になるから

誰かと比較するのではなく

 

誰かとの競争に一生懸命になって

脳とココロを苦しめないでください

 

あなたがあなたらしく爽快でいられる

「脳とココロ」の使い方をしていきましょう!

 

あなたも良い…

 

私も良い…

 

満たされている感覚がありますか

豊かさを実感していますか

 

あなたはいつからでも幸せになれます

無理なく自然と豊かさが広がる方法があるのです