【鮎(アユ)】

このまえ、料理屋で「あゆ飯」を頂きました。子持ちアユ(落ちアユ)の塩焼きをコメに載せて炊いたものです。山椒と子がよくあって、秋だけに食べられる美味しいご飯です。

 

別名、香魚とも言われるアユ。しかし「鮎」という字、漢字の本場中国ではナマズのことです。

ナマズを地上に放りあげると、体をうねらせて元いた湖水の方角へ正確に戻るその不思議さから、ナマズは地のことを司る能力があるとされ、地震を占う魚とされたそうです。

 

字のみが輸入されて、見当違いの使われ方がされる漢字は多い* ですが、アユとナマズでは清流と泥沼に居て、なんだか真逆になってる感じがしますね。

 

* 猪はブタ、河は黄河の固有名詞、柏は檜、大砲は風呂敷、汽車は自動車,

手紙はトイレットペーパー、など