【◯◯が活躍すると繁栄する】 世界中で親しまれるビールを発明したのは...

【He(or she) makes a business prosper】

The person who invented beer and who is known by people all over the world is...

 

 

「苦しきは旅路 楽しきはビール」

 

ビールメーカーの広告ではありません。

5千年ほどむかし、シュメル人が粘土板へ書き残した言葉です。

 

商売などで他国へ旅して帰ってきて、わが家がいちばん、の感想でしょうか。

 

周りに好戦的な民族が多かったメソポタミアのただ中で、戦争を好まないシュメル人は、高度な科学技術と篤い宗教心で王国の平和を維持しました。

 

ビールはシュメル人の発明といわれていますが、シュメルでは女性の活躍がずいぶんと目立ちます。

 

女性が家計を握り、外に出ては農業ばかりでなく研究者や医師、天文学者などの専門職でも活躍していました。

 

女性の地位は男性と変わらず、きっとビールを発明したのも女性なのかもしれません。

 

周辺の帝国化が進む時代の流れで、その後のバビロニア王国は軍事力が優先され、男性中心の社会となり、女性の地位は低下していきます。

 

なんだか、国際情勢に右往左往する、わが国の戦前から現代まで、日本が直面している状況のようですね。

 

女性が活躍できるのが、いい国家だと思います。紀元前3千年ごろのシュメル人のように。

 

 

シュメル人の理想を、現代へ伝える「ABD個性運命学」です。