【琵琶法師】

ふだん見る機会もないでしょうので、平家物語の冒頭部分をどうぞ。

 

祇園精舎の鐘の声

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色

聖者必衰の理をあらはす

おごれる人も久しからず

唯春の夜の夢のごとし

たけき者も遂にはほろびぬ

偏に風の前の塵に同じ

 

なかなか、方丈記とならぶ、世を憂う名文ですが、つまり、成功して調子付いても、いつまでも続かないということです。