【もう一度チャレンジ】 自分のやり易いタイミングじゃなくて、相手のリズムに合わせたタイミングでチャレンジしてみませんか?

【Once more challenging 】

Don't you want start something with your own rhythm, but not when you want?

 

 

あるときは挑んでもまったくダメなのに、次に行ったらすんなり叶った。

ということはよくあります。

 

相手の気分とか、環境とか状況とか市況とか天気とか、こちらの力ではなんともしがたい要因ですが、相手の立場をちょっとだけ想像するくらいは、できるでしょう?

 

一度の失敗で挫ける事なら、しょせん瑣末な事で、もともと縁もないのでしょう。

でも、一度拒絶された相手が、またあなたが来るのを待ってたのよ、ってのはよくあることです。

ダメな時はなにやってもダメ。じたばたせず、じっと待つしかない。

 

ものごとにはタイミングってものがございます。

高速道路とかの合流でむやみやたらに突進しても、無事で済むとは限りません。

 

よく見計らって、もう一度チャレンジしてみては如何でしょうか? 

 

恋愛も

人間関係も

ビジネスも

美容も健康も

時間の自由も

使命も

全て

古今東西の王室や貴族、大商人らによって継承され、現代のエリートやエグゼクティブが利用する「帝王学・ABD個性運命学」です。