【映画の話】

「カッコよく、男前」、とは?

 

筆者の個人的には、名作『ゴッドファーザー』の中で、老いた父、ビト・コルレオーネが、後を継ぐ次男マイケルに、菜園の中でさりげなく語りかける言葉です。

 

「男は、油断してはならん」

 

既に、父を凌ぐほどしっかりしている息子に、そんなことは言うに及ばず、父もそれを了解していつつ、独白のようにこの科白を残します。

 

平和な中で忘れがちな、父子古来のしきたりの如きものが見受けられます。