【創造する】

私たちが生活する上で、身の回りにあるほとんどのものって、最初にまず、どこかの誰かの頭の中で考えられたことが、形になっています。

 

いま座っている椅子とか、この書き込みをしているパソコン、机、コーヒーカップ、この部屋この家、この街すべて、どこかの誰かが考えたことが元々のはじまりで、窓から見える庭の木々も、木は勝手に成長しますが、そこに植えたのは誰かです。ふだん気にとめることもない手に持つマウスやボールペンの長さや重さ、曲線や丸み具合、色や材料など、どこかの誰かが具体的に考えて設計しています。

これってあたりまえのことですけど、考えてみるとすごいことです。

その形になるまでに、様々な思索や努力や障壁があったことでしょうけど、はじまりは皆無、なんにもないところから、まず頭の中で考えられて、どんどん具体的にやがて形になっていく。

人間の創造力って、まるで神のようです。

 

もちろん、人間の創造力は環境に制約されます。空気や水、空や大地、太陽に月、星や宇宙は人が創造したものではありません。人はもともと最初からそこらへんにあった材料を使っていろいろ作り出したのですが、創造とはそういうものです。

エジソンはべつに電気を発明してはいません。モーツアルトも音楽を発明していませんし、ヘミングウエイも字を発明したわけではありません。もともとあった電気や音符や文字を使って、便利な電球や偉大な楽曲や文学を創造しました。

 

あらゆる創造には、拠って立つ前提が必要なのですが、それを創造し用意したのは、いったい誰でしょう?

 

ABD個性運命学