【進化とは】

太古の脊椎動物は、海の中で繁栄しました。

あるとき、ある種が、なんとか丘へ這い上がり、重力に抗って立ち上がり、脚がしっかりして、前腕が自由になり、やがて人類へと至ります。

しかし、自分の体重を支えなくていい安楽な水の中から、なんで這い上がろうとしたのでしょう?

おそらくその種は、海の中では、他より弱くて食べられちゃうから、丘へ逃げたのだと思います。

 

弱さが進化を生む。

人が向上するのも、弱さから。

 

 

ABD個性運命学