Q4. プレゼンがうまくいく色、試験がうまくいく色を聞かれ、その方の勝ち色をお伝えしました。その後の結果が気になるので聞いても良いでしょうか?

 

A4. とてもデリケートなところですので、基本的には診断の最後に「ぜひまた教えてくださいね」とお伝えしましょう。

相手の可能性を相手以上に全力で信じ応援することが大切です。