【不老不死】

人それぞれ、宿命、運命は様々です。

が、たった一つだけ、あなたが逃れられない宿命をお伝えしますと、

 

あなたはいつか死ぬ。

ということです。

 

けど、いつの日か医療や生命工学が発達して、人類は不老不死を手にするのではないか? との考え方もありますが、ぜったいそうはなりません。

 

なぜというと、再生医療や身体の一部ロボット化、全記憶や自我が他の身体へ入れ替え可能になって、それで病気や老化を避けられるようになったとしても、予期せぬ突発的な事故や災害に巻き込まれればやっぱり死んでしまいますから、これは「不死」というよりは、「非死」というべきものであって、死がなくなることは論理的に不可能です。

 

その不死ならぬ「非死」を、特権階級やお金持ちが手にした時、彼らはどういう態度に出るでしょうか? おそらくよけいなことに巻き込まれまいと猜疑心が強くなって人との関わりを断ち、とても臆病になってやがては社会に関心を持たなくなるのではないでしょうか? 逆のようですが、怪我でもすればいちいち修理におカネがかかりますからね。

 

まぁ、そのことはいいとしても、人が否定しようとどう考えようと、人が「宿命」を背負っていることは自明です。

その宿命を、どう運命としていくか。

それを探求するのが個性運命学の目標です。